fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

アーカイブ5 青砂ヶ浦教会  

2020年は世界中がCOVID-19(新型コロナ感染症)に翻弄された一年でした。
来年は「翻弄された」と過去形で言えるようになることを祈り願っています。
全人類の英知と努力で乗り切らなくてはならないこの難局にありながら
世界の政治的指導者の中には、自分の身を護ることにしか関心がないと思えるような人もいます。
はたして日本はどうなのでしょう。


アーカイブ第5弾は・・・

五島列島中通島の青砂ヶ浦教会

縁あって2009年と2010年と訪れた長崎県五島列島中通島。
中通島には25の教会があり、島内では頭が島教会が2018年にユネスコの世界文化遺産として登録された『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(ながさきとあまくさちほうのせんぷくキリシタンかんれんいさん)』の長崎県と熊本県に残る12件の構成資産のひとつになっています。

青砂ヶ浦教会は申請時には含まれていたようですが、登録時点では外されました。
何れにしても、国の重要文化財でもあり貴重な建物であることに変わりはありません。
2度の中通島訪問で島内の教会のほとんどを巡りました。その当時は教会に自由に入ることができましたが
(もちろん、マナーを守り静かに見学することが前提ですが)今はほとんどの教会で事前予約がいるようです。

写真は2010年8月7日夕刻に訪れた青砂ヶ浦教会天主堂の中で撮影したものですが、
傾いた陽がステンドグラスを通して内部に射し込み幻想的な雰囲気を醸し出しているところを撮影したものです。

青砂ヶ浦教会

キリスト教信者でなくとも祈りを捧げたくなるような厳かな気持ちになりました。

あらためて、COVID-19の一刻も早い終息を願わずにはいられません。


佐渡ではお正月に神棚や鏡餅を載せたの三方(三宝)の前に袴紙を飾る習慣があります。
袴紙は半紙を切り抜いた言わば切り絵で、鶴亀や宝船など様々な図案があります。
今回、私はアマビエの袴紙を作ってみましたので、これを印刷して貼ってみてはいかかですか。
アマビエ


2021年が良い年になることを祈りつつ、2020年最後のブログを終わります。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2022/02/03 16:23 | edit

Re: タイトルなし

はじめまして、右京様

アマビエのデザインは2021年の年賀状のデザインとして作成しました。
願いもむなしく、新型コロナはなかなか終息しません。
我が家の玄関には、昨年に続き今年もアマビエの袴紙を飾っています。

アマビエの切り絵のデザインは使っていただいて結構です。

知り合いに野草好き、写真好きの人がいらっしゃったら
このブログを紹介していただければありがたいです。

堅香子庵 #- | URL
2022/02/03 20:59 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/2018-96fd0c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top