fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

アーカイブ16 吾妻山   

暦の上では今日から春なのに、真冬の写真ですみません。

アーカイブの第16弾は 吾妻山

吾妻山は広島と島根県との県境にある標高1239mの山。
広島側の標高1000m付近に休暇村吾妻山ロッジがある。
1980年に開業し、私はスキーで宿泊したことがある。

野草の写真を撮り初めて、度々吾妻山に通うようになり
日帰りは数知れず、宿泊も5回ほどした記憶がある。
写真をロビーに飾っていただいたり、吾妻山の写真集を
置かせてもらったりもした。

野草撮影が目的ゆえ、訪れるのは春から秋ばかりだったが
2006年、久しぶりに冬季の吾妻山へ撮影に行った。
ロッジの看板はほとんど雪に埋もれ、一階の窓は見えない。
吾妻山ロッジ




数台分だけ除雪された駐車場に車を停め、スノーシューを装着。
雪原に入ると、ふかふかの新雪が、スノーシューをも呑み込んだ。
歩行に難儀しながら撮影したのが下の写真。
小坊主雪景色

新雪のあまりの美しさに、これ以上雪原を歩くのはやめることにして
除雪した車道から風景を撮影して歩いた。

午後3時、結局この日訪れたのは私だけだった。
日帰りの予定だったが、あの雪原が夕焼けに染まったら・・・
フロントに行って、予約してないが宿泊は可能か尋ねた。

スタッフは食堂に走り、ほどなくして戻り、「いいですよ」と言った。
一階の部屋をお願いし、ずうずうしく「小坊主がよく見える部屋から撮影したい」とお願いしてみた。
スタッフは快く(たぶん)承諾して、2階の部屋を案内してくれた。

そうして、夕刻に撮影したのが下の写真。
小坊主雪景色1



PLフィルターを装着すると、空のトーンが変わり雪原が浮き立った。
小坊主雪景色2


広い食堂で私一人きりの夕食。
広い風呂も私一人きり。
至福の時を過ごしたが、これでは客が少なすぎる。

それから2年後の2008年シーズンを最後に冬季の営業は終了することになった。
それを知った私は、山仲間を誘って吾妻山ロッジ最後の冬に宿泊することにした。
天候にも恵まれ、吾妻山の最後の冬を愉しんだ。
下はそのときの写真。(小坊主にて)
吾妻山


寒い中、吾妻山山頂で飲むキンキンに冷えたビールは格別だったなあ。
吾妻山2




2021年3月末をもって、休暇村吾妻山ロッジは閉鎖。
冬季営業が無いので、実質2020年秋で営業終了。
営業最終日がの様子がテレビのニュースで流れた。
インタビューに答える見覚えのあるスタッフの目には光るものがあった。

ロッジの皆様本当にお世話になりました。
スタッフの方々はもういらっしゃらないが
雪が融け春になったらまた吾妻山に行こう。


PS. 吾妻山ロッジのことは拙書「花結び」に詳しく書いてあります。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/2050-909375ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top