fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

寒波襲来  

2月18日は二十四節気の『雨水』でした。
『雨水』は、「空から降るものが雪から雨に変わるころ」ですが、
雨に変わるどころか、寒波がやってきました。
そこで、雪景色を撮影しに行きました。
雪の撮影で一番困るのが車を停める場所がないこと。
除雪した雪が路肩にあり普段なら停められる場所でも止められないのです。
折角よいシーンを見つけても、停められないためにパスすることも度々でした。

そんな中で撮影した雪景色です。
今回は、樹と雪というテーマでお届けしましょう。

降りしきる雪を撮り込むために、望遠レンズを使っています。

雪1




これは、『要害桜』と呼ばれるエドヒガンの古木で、県の天然記念物に指定されています。
これまで近くは何度も通りましたが、人が多いのを好まない私は花の時季に行ったことはありません。
訪れるのも今回が初めてでした。
もちろん花は咲いていませんが、雪化粧をしてきれいでした。
雪2




名も無き一本の樹も雪を纏ってよい被写体になりました。
雪5




こちらも枝に雪が沢山積もった樹。
撮影の帰りに通った時はかなり雪が落ちていたので、
やっぱりそのときに撮っておいて正解でした。
雪4




ここは県民の森スキー場。昨シーズン限りで閉鎖してしまったのでご覧の通りまっさらな雪です。
今年は積雪も多く、とっても良い雪質だったのですが・・・皮肉なものですね。
雪6




これはリョウブの樹。
この独特の木肌が目を引くので、以前来た時も撮ったことがある樹です。
雪7





最後は、樹とは関係ないですが、
雪の結晶です。
結晶そのものを見つけるのはさほど難しくありませんが、
背景が暗い場所で、結晶が浮き立っていることなどの条件を満たすシーンを見つけるのは意外と難しいものです。
絞り込んで結晶をぼかさないために絞り込むのですが、そうするとシャッタースピードが遅くなって手持ちではブレてしまいます。
三脚をセットするのに時間をかけてしまうと、風で飛んで行ってしまうのもしばしばです。
何枚も撮影してやっと撮れた一枚です。
雪3


今日、20日は打って変わって20度近くまで気温が上がりました。
三寒四温と言いますが、あまりの温度差に体が付いていきません。
明日は、今日撮影してきた早春の花の写真をお届けします。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/2064-5c6ad0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top