fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

Fさん夫妻、Tさんと撮っておきのコースを歩く  

18日、愛知県のFさんが8時半着のフェリーで来島する予定でしたが、
夜半過ぎからの嵐でフェリーは欠航。
ところが、朝7時前に「今、あいぽーと(道の駅)にいます」とLINEが入り、
昨夜の最終便で佐渡に渡ったとのこと。
暴風雨で撮影に行くこともできず、一日お話をしました。
随分前からFさんのホームページやブログを拝見していて
私が佐渡に滞在することを知らせたら、佐渡行き即決され、
今回の来島となった訳です。
初対面にもかかわらず、話は尽きることなく夜まで続きました。

翌日、風は残っているものの、雨が上がったので「撮っておき」のコースをご案内しました。

まず沢沿いを登ります。
姫ヶ沢


湿ったところを好むショウジョウバカマがここにも、そこにも、あそこにも
ショウジョウバカマ1


ショウジョウバカマ2


ショウジョウバカマ4



いつもの場所にシラネアオイが咲いていました。
シラネアオイ4




天候が思わしくないのでほとんどのカタクリの花は閉じたままです。
カタクリ2


ちょっとだけ開いたのがありました。
カタクリ


少し日が射し始め、やっと開いたのを見つけました。
カタクリ3





オオミスミソウもこの天候では開きそうもありません。
オオミスミソウ



最後はこの日出逢ったスミレたちを紹介します。


登山道では至る所に咲いていたスミレサイシン
スミレサイシン



苔生した岩に咲いたナガハシスミレ
ナガハシスミレ



タチツボスミレ
タチツボスミレ


オオタチツボスミレ
オオタチツボスミレ2



オトメスミレ
オトメスミレ


ヒカゲスミレ
ヒカゲスミレ


写真にはありませんが、ニオイスミレとニョイスミレもありました。

「スミレの同定が難しい」という私の問いかけに、「雰囲気で見分けるのが一番」とFさん。
図鑑の言葉はわかりにくく、まさにそのスミレの持つ独特の雰囲気を掴めば見分けがつくようになるというのは、その通りだと思います。
ただし、その域に達するのはかなりの熟練がいるわけで・・・

とまあ、スミレ談議にも花が咲いたわけです。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/2117-a836154c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top