fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

秋の高原を彩る花4 アキノキリンソウとヤマラッキョウ  

今日はアキノキリンソウとヤマラッキョウ


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

9月25日にもアキノキリンソウをお届けしましたが、
林内のものと草原のものでは随分様子が違います。

草原のものは丈が低く花が集まって咲いています。
林内のものは茎が弱々しく斜めになるか倒れかかるようになっていますが
草原のものは茎がまっすぐ立っています。

25日のものと見比べていただくと違いは一目瞭然です。
IMG_7520アキノキリンソウ



IMG_7461アキノキリンソウ



こんなに小さく、一見違う植物と思うようなものもありました。
IMG_7473アキノキリンソウ




ヤマラッキョウは湿った場所に自生します。
原池近くの湿地にたくさんありましたが、花を撮影するためでしょうか
踏み込んだ跡がたくさんありました。
誰かが踏み込み草が倒れ、他の人も入りこんで道のようになる。
そうなると、踏み込むことに罪悪感がなくなってどんどん入り込んでしまうの悪循環。
自分くらいはいいだろうと思わず、自分くらいはマナーを守ろうと心がけることで
良い野草写真も撮れると思っています。
IMG_7637ヤマラッキョウ



踏み込まなくてもこんなに近くから撮影できる場所がありました。
IMG_7765ヤマラッキョウ

湿地など希少な環境に自生する植物の撮影は細心の注意をするべきですが
対象の植物が希少なのかどうかも分からない人はどうすれば良いか?
それは難しいことではありません。分からない場合は可能な限りその環境にダメージを与えなければ良いのです。
最後に説教がましくなってすみません。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/2271-0b4cc756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top