fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

My favorite pictures 1  

My favorite pictures 1

人それぞれ好みがあって、
私の好みの写真があって
それが個性というか、「らしさ」なんでしょうけど
今日は、そんな主観的な写真をお届けします。

その前に、
わたしが主観的な(お気に入りの)写真を撮る際の
流れについて触れておきましょう。

見つけた花を闇雲に撮るのではなく
私が監督する舞台の主役になるかどうか
多くの花をよく見て、オーディションをします。
合格する花は美しいだけではいけません。
それは、人間の舞台でも同じでしょう。
大事にしている選考基準は「ときめき」
ときめきを感じた花を主役にするのです。
主役が決まったら、脇役や舞台背景を考え
本番撮影となります。

それでは写真を見てください。



オオミスミソウ

花自体はピークをやや過ぎていますが
脇役との相性で主役に抜擢しました。
脇役が決め手になることも少なくありません。
IMG_4728オオミスミソウ





後ろ姿にときめいたオオミスミソウ
女性の襟足の色気に似た感覚を覚えて
主役にしました。
IMG_4832オオミスミソウ





手前の花の主張が強かったのですが
迷わず、奥の花を主役に決定し
手前の花を脇役にしました。
IMG_5601オオミスミソウ






個性よりも集団の美を狙って撮りました。
ひとつでも痛んだ花があると、集団の美が
損なわれるので、痛んだ花がないか
よく観察することが大切です。
IMG_4612オオミスミソウ




主役にするには少し弱い気もしましたが
それが却って早春を表現するには良いと判断し
上の空間を広くし伸びやかさを表現しました。
IMG_5230オオミスミソウ





このように、脇役となる若葉を入れると変化が出ます。
IMG_5333オオミスミソウ


主役はもちろん大事ですが、映画やドラマと同じで
脇役の存在で、出来映えがずいぶん変わりますね。


To be continue
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/2452-357ea07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top