fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

赤名湿原  

赤名湿原を訪れるのも久しぶりで、
記録を見たら2005年の10月以来でした。

トキソウ、サギソウ、ミツガシワ、カキラン
サワギキョウなど湿原特有の花が咲くのですが
前回も今回もめぼしい花がない時季の訪問と
なりました。


湿原内で撮影したのは4種


チダケサシ(乳茸刺)

IMG_1784チダケサシ




ヌマトラノオ(沼虎の尾)

ヌマトラノオの花穂はオカトラノオのように
垂れ下がりません。
オカトラノオもたくさんありましたが
花は終わりかけなので撮影しませんでした。
IMG_7173ヌマトラノオ




ドクゼリ(毒芹)

食べない限りは何の心配も要りません。
IMG_7205ドクゼリ



セリ科特有の花火が弾けたような花ですが
種類によって微妙に違うので比べてみるのも
面白いですね。
IMG_7201ドクゼリ




コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)

湿原植物というわけではありませんが
草に絡まっていました。
花は小さく危うく見落とすところでした。
IMG_7187コバノカモメヅル



IMG_7189コバノカモメヅル


湿原の上部にある池にはヒツジグサやコウホネが
ありましたが、ヒツジグサはまだ開いておらず
コウホネは遠く過ぎて撮影出来ませんでした。


湿原を離れ、林に入ると・・・

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑)

背景によって表情が変わるので
背景選びはとても大切です。

樹の幹がバック
IMG_7223ヤマジノホトトギス



水面がバック
IMG_7212ヤマジノホトトギス




トチバニンジン(栃葉人参)

栃に似た葉が分かるように絞って撮影
IMG_6881トチバニンジン




絡まる蔓を撮り込んでみました。
IMG_6868トチバニンジン



IMG_7295トチバニンジン



蔓植物は兎角嫌われがちですが、
撮影ではときとして、よい脇役に
なってくれることがあります。
暗い杉林であることが分かるように
絞りは開放ではなく少し絞り込み、
暗めの露出にしています。
IMG_7265トチバニンジン




最後は・・・

杉の幹に絡んだ蔦の葉

アクセントに虫食い葉を撮り込んでみました。
IMG_1814葉

赤名湿原を後にして帰路に
明日は帰る途中で撮影した花です。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/2551-59313524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top