fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

森を抜けて  

県北の標高1000mほどの高原に到着すると
辺りは濃い霧に包まれ幻想的な雰囲気に・・・
駐車場から続く森を抜けると草原に出ます。

森を抜けると・・・
森を抜けると、霧の中に穴が空いたように
草原の入口が見えます。
IMG_0380森を抜けて




草原で最初に出迎えてくれたのは・・・

ボタンヅル(牡丹蔓)
高原の主役を張る植物ではありませんが
一番目に着く存在でした。
IMG_0411ボタンヅル



葉の形が牡丹に似ています。
IMG_0399ボタンヅル





ツリガネニンジン(釣鐘人参)
草原を代表する花。
低地にも自生しますが最近は少なくなりました。
IMG_0570ツリガネニンジン



花は釣り鐘状で、名まえがすぐ覚えられます。
IMG_0571ツリガネニンジン



釣り鐘を下から覗くと、雌しべが突き出していて
お寺の鐘ではなく、クラッパーが付いた教会の
ベルもしくはハンドベルのタイプですね。
ただ、クラッパーがこんなに長いと
鐘がうまく鳴らないでしょうが・・・
IMG_0575ツリガネニンジン





コウリンカ(紅輪花)
山地の日当たりのよいやや湿った草原に自生。
山野の手入れや牛を放牧しなくなったことから
そのような環境が減ってしまい、見ることが
少なくなった植物です。辺りを探してみましたが
このひと株しか見当たりませんでした。

舌状花がオレンジで、反り返る特徴を知れば
他種とすぐに区別が付きます。
IMG_0541コウリンカ





コバギボウシ(小葉擬宝珠)
湿地に咲くコバギボウシが花盛りでした。
IMG_0438コバギボウシ



IMG_0446コバギボウシ




ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)
芝草原に人為的に刈り残されていました。
IMG_0546ヨツバヒヨドリ





ワレモコウ(吾亦紅)
霧の中で幻想的な表現に・・・とはいかず残念!
IMG_0559ワレモコウ

その他コオニユリ、ネジバナ、アキノタムラソウ
タムラソウ、マツムシソウどが咲いていました。

このあと、車で別の場所へ移動
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/2576-41b16d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top