FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

ドンデン高原に咲く草花 その5   

サルメンエビネの株が盗掘に遭ったと連絡が入った

愛好家と呼ぶが、決して愛してなどいない
愛していれば、最も心地よい自生地にそっと咲かせておくはずだ

もっとも、人間社会でも
愛するがあまり付きまとったり傷つけたり果ては殺してしまったり
というのを毎日のように見聞きする

それを愛していると言うなら言えばいいが
結果、愛するものを失ってしまう

盗掘した植物をどんなに大切に育てたところで
早かれ遅かれ、絶えてしまう運命





ランを2種お届けします



サイハイラン(采配蘭)-ラン科-
比較的残っているラン
地味な佇まいなのが幸いしている
サイハイラン


しかし、拡大してみれば立派なランだ
サイハイラン2




スズムシソウ(鈴虫草)-ラン科-
スズムシソウも派手さはないが、形の面白さから人気が高い
こうやって紹介するのさえためらいを覚えるのは悲しい
スズムシソウ
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2015/06/19 13:30 | edit

Re: サルメンエビネ

> 始めまして埼玉@岩井です 6月3-4日加茂歌代-金北山と和木峠-金剛山でした。
> トケイランとサルメンエビネを希望しましたが、コケイランと関東でも見られる
> サイハイランでした。登山道で見られほど甘くはないとそれほどガッカリは
> していません、唇弁に紫斑がないタツナミソウ(デワノタツナミソウ)?を見ました
>
> ホクリクタツナミソウとの違いがいまいちわかりません地元の方の見解をお聞き
> したいです。


返信遅くなり申し訳ありません
タツナミソウの同定ですが、シソ科の植物には悩まされるものが多く
タツナミソウについて詳しくありません
佐渡へ移住して1年余りで、まだわからないことばかりです
地元の詳しい人に会う機会があれば、お教えします

堅香子庵 #- | URL
2015/07/15 21:00 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/350-57c8368a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top