FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

妙見山は秋の気配 3  

撮影日・・・7月31日

妙見キャンプ場跡を散策してみた。




まず目に飛び込んできたのは 鮮やかなオレンジ

クルマユリ(車百合)-ユリ科-

鮮やかなオレンジは遠目からも目立つ。
高原を代表するユリだが、佐渡では標高の低いところにも咲いている。
去年、小佐渡の標高200mほどのところで見かけて驚いたが、
今年は、加茂湖にほど近い標高50mにも満たないところで見かけ、さらに驚いた。

一つの花は一週間ほど開花しているが、
花と蕾が最も良い状態のときは短い。
見ごろ、写しごろの個体に出逢うと、ついそこに長居をしてしまう。
クルマユリ


アップで見ても非の打ち所がない。
クルマユリ2







オトギリソウ(弟切草)-オトギリソウ科-

黄色い花は目立つので、見つけるのはたやすいが
なかなか納得いく写真が撮れない。

旧キャンプ場の草原で
葉の先を赤く染めておしゃれして
私に強くアピールするオトギリソウに出逢った。
オトギリソウ


オトギリソウは秋が深まればきれいに紅葉する。
以前、鳥取県大山で撮影したものを紹介しましょう。
オトギリソウ紅葉1

オトギリソウ紅葉2







ゲンノショウコ(現の証拠)-フウロソウ科-

薬効は確かで、『現の証拠』というわけである。

西日本型は赤花、東日本型は白花
西日本ではまれに白花を見かけるが
佐渡では赤花を見かけない。
西日本では白花の薬効を良しとし、
東日本では赤花の薬効を良しとした。
それらを選択的に採取したために
そうなったのだと何かで読んだことがある。
真偽のほどは定かでないが、発想は面白い。
ゲンノショウコ


白花には、紫色のすじが入っていてなかなかオシャレ。
ゲンノショウコ2
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/409-0f0b3cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top