fc2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

春に撮影した花たち その7     スミレたち  

佐渡は今日、今年初めて30度を越えました
それでもまだ朝晩はしのぎやすいです

今日の新聞(新潟日報)に『クマガイソウ』の記事がありました
写真家の天野尚さんの書かれたものです

   新潟県でもほぼ絶滅に近い状態だが、
   佐渡にはかろうじて自生していて・・・中略
   写真をを撮影したあと、花を切り取って
   盗掘者に見つからないようにしていたのだが
   その甲斐なく翌年行ってみると根こそぎ盗掘されていた
   後略


私も今年クマガイソウの自生地に案内してもらった
花の時期は過ぎていたが、初めて自生地で対面することができた
ただうれしいというより、自生地を知ってしまったことの緊張感と
この花がこれからもここに咲き続けてくれるのかという不安感でいっぱいになった
以前、鉢植えで見たことはあったが、何の感動もなかったのを覚えている
ケージの中で育てられるトキを見た時の感情と似ているかもしれない
トキの野生化への試みが進められている
振り返ってみれば、日本産のトキは佐渡を最後に絶滅させてしまい
中国のトキを繁殖させて現在に至っている
クマガイソウを同じ目に遭わせてはいけない
購入する人がいるから盗掘する人がいる
山野草愛好家なら、自生地に咲く山野草こそ愛してほしい

前置きがずいぶん長くなりましたが
春に撮影した花たちのシリーズを復活します
第7弾はスミレ(菫)スミレ科

日本に自生する菫の仲間は50種以上
スミレはスミレ科スミレ属スミレという種(しゅ)を表す言葉でもあり
スミレ科全体を表す言葉でもあります
ここでは後者の意味で使っています

タチツボスミレ(立壺菫)
最も多くみられるスミレです
タチツボスミレ

ナガハシスミレ(長嘴菫)
花の後ろに突き出た距(きょ)と呼ばれる部分が長いのが特徴
タチツボスミレに近い仲間です
ナガハシスミレ

マキノスミレ(牧野菫)
赤みがかった花がかわいらしい
マキノスミレ

スミレサイシン(菫細辛)
大振りの花
花が先に出て葉が後から出てきます
スミレサイシン

ミヤマスミレ(深山スミレ)
佐渡ではあまり多くないようです
ミヤマスミレ

野の花は野にあってこそ・・・

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/42-25d1a013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top