FC2ブログ

 写真だより 佐渡発&広島発

 野草や風景を写真で綴るブログです

散歩道の花   

撮影日・・・9月8日
散歩道の花


広島に帰っていて 久しぶりの更新です。
家の周りもすっかり秋の装い。
散歩がてら、いつものようにカメラを携えて出かけた。




ヤブガラシ(藪枯)-ブドウ科- 別名:ビンボウカズラ(貧乏蔓)

庭に蔓延って手のつけようがない。
すさまじい生命力で、抜いても刈ってもすぐに伸びて
瞬く間に地面を覆うように広がってしまう。
「藪枯らし」と言っても、自らはちっとも枯れない。
花は変わった風貌で、見ようによっては可愛い。
ヤブガラシ








センニンソウ(仙人草)-キンポウゲ科-

ヤブガラシと同様蔓性の植物で、
こちらもススキなどに絡みついているが、
ヤブガラシに比べればずいぶん控え目。
均整の取れた十字の白い花が美しい。
花のあと仙人の髭のような綿毛を伸ばす。
センニンソウ






クズ(葛)-マメ科-

なぜこれが秋の七草に選ばれたのだろう?
これも、蔓性の植物で
その生命力は、ヤブガラシに勝るとも劣らない。
邪魔者扱いされるほどのクズ、
万葉の昔も邪魔になるほど蔓延ったに違いない。
花の姿も然程風情を感じないのだが・・・。

今でこそ、クズは厄介者だが
万葉の昔、根から採れる良質のでんぷんは貴重な食糧源であったに違いない。
それゆえに、七草に欠かせなかったのだろう。
クズ







ハッカ(薄荷)-シソ科-

近づくと辺りにハッカの匂いが漂っていたので、「ハッカ」かな?
シソ科の花は自信なし。悪しからず。
ハッカ





タカサブロウ(高三郎)-キク科-

小さな目立たぬ花に、一風変わった名前を付けたのは誰なのか?
名付け親も、名の由来を調べてみたがよく分からない。
田の畔など湿気の多いところを好む。
直径1㎝ほどの小さな花は注意しないと気付かない。
タカサブロウ






キンエノコロ(金狗尾)-イネ科-

エノコログサには種類がある。
中でも一番フォトジェニックなのがキンエノコロだろう。
逆光に透かせば尚更のこと。
キンエノコロ
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9987dayori.blog.fc2.com/tb.php/427-e0fc7651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top